DOCUMENTS

資料請求

CONTACT

お問合わせ
大阪商工会議所、株式会社ジェイノベーション合同主催オンライン視察会の開催について

大阪商工会議所、株式会社ジェイノベーション合同主催オンライン視察会の開催について

NEWS

お知らせ

NEWS RElEASE

大阪商工会議所、株式会社ジェイノベーション合同主催オンライン視察会の開催について

大阪商工会議所
URL:https://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/202406/D11240614018.html

株式会社ジェイノベーション(代表取締役:宮城 建司)は、マレーシアの現地市場に関心を持つ企業の皆様に向けて、オンライン視察会を開催いたします。
この視察会では、現地に出向くことなく、マレーシアの商業施設の最新情報や市場の動向を把握することができます。

マレーシアは2022年にGDP成長率8.7%を記録し、22年ぶりの大幅な成長を遂げました。特に一般消費者向けビジネス市場は富裕層から中間層へと拡大しており、アセアン市場へのゲートウェイとして注目されています。

 オンライン視察会内容

①オンライン視察会
場所:The Exchange TRX(マレーシア西武)
ナビゲーター:Fan Japan (Malaysia) Sdn.Bhd. CEO 五木田 貴浩氏
現地サポーター:株式会社ジェイノベーション(Malaysia)平野氏

②オンライン視察会
Mid Valley Mega Mall<約25分>
ナビゲーター:JINNOVATION Sdn.Bhd.(Malaysia)マーカス 氏
 ※当初ご案内しておりました日系化粧品店舗の視察につきましては、
  諸事情により、外資系店舗となる予定です。予めご了承ください

③マレーシアテストマーケティング
概要説明:
クアラルンプールの現地商業施設『1 Mont Kiara』でのテスト販売について
プレゼンター:株式会社ジェイノベーション 代表取締役 宮城 建司氏

 

日時:2024年8月19日(月)15:00~16:15
場所:オンライン(Zoom)
参加費:無料(大商会員・非会員問わず)
申込方法:8月16日(金)までにQRコードまたはHPにアクセスの上、お申し込みください。
主催:大阪商工会議所
https://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/202406/D11240614018.html

 

▼オンライン視察の申込フォームはこちら
https://reg26.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mat-pjoer-3fe0c42ad7b1295a6bd0a0c0e9d313ad

お問い合わせ先:大阪商工会議所 国際部(牧、小浜)
電話: 06-6944-6400
E-Mail: intl@osaka.cci.or.jp

マレーシアEC市場概要と越境ECの活用ウェビナー募集開始のお知らせ

マレーシアEC市場概要と越境ECの活用ウェビナー募集開始のお知らせ

NEWS

お知らせ

NEWS RElEASE

マレーシアEC市場概要と越境ECの活用ウェビナー募集開始のお知らせ

日本貿易振興機構JETRO(ジェトロ)にて開催されるZoomウェビナーで弊社代表が講師を務めます。

 【ウェビナー】マレーシアEC市場概要と越境ECの活用

マレーシアのEC市場は新型コロナ禍後も成長を続けており、2025年は2023年比で約20パーセントの成長を見込んでいます。本セミナーでは、第1部として拡大が続くマレーシアのEC市場についてその現状やトレンドをご説明します。また、第2部ではマレーシアで代表的なECプラットフォームの一つであるShopeeを例に挙げて効果的な越境ECの運用方法について解説します。

第1部・第2部、それぞれどちらかの申込も可能です。本ウェビナーは、マレーシアのEC市場にご関心のある方、既にマレーシアへの輸出事業を展開されている方、Shopeeの運用についてご関心のある方などにおすすめの内容となっておりますので、ご関心に合わせてお申し込みください。
 

▼詳細はコチラ

https://www.jetro.go.jp/events/mak/f30af47c95029864.html

美容業界注目の東南アジア市場「Cosmobeauté Malaysia 2024(コスモボーテマレーシア)」マレーシア最大規模の美容展示会に合同パートナー出展企業様募集開始!

美容業界注目の東南アジア市場「Cosmobeauté Malaysia 2024(コスモボーテマレーシア)」マレーシア最大規模の美容展示会に合同パートナー出展企業様募集開始!

NEWS

お知らせ

NEWS RELEASE

美容業界注目の東南アジア市場「Cosmobeauté Malaysia 2024(コスモボーテマレーシア)」マレーシア最大規模の美容展示会に合同パートナー出展企業様募集開始!

〜日本の優れた製品を海外に発信〜

株式会社ジェイノベーション(本社所在地:大阪府大阪市/マレーシア・クアラルンプール、代表取締役:宮城建司、以下当社)は、マレーシアBtoB美容業界向けに特化した展示会「Cosmobeaute Malaysia 2024」へ出展が決定しました。

当社は、昨年度において高い評価を受け、今年も継続して出展いたします。

2023年弊社が出展した「Cosmobeaute Malaysia2023」の様子です。

イベント当時の様子

昨年のコスモボーテマレーシア2023では、64カ国以上からの来場者が集まり、世界15カ国から400以上の出展者が参加し、5,000㎡の総展示面積で盛大に開催されました。特にアジア太平洋地域市場では美容製品の需要が拡大しており、展示会は貴重なビジネスの機会となっています。

当社は、展示会への参加を完全サポートし、企業様は商品を日本国内の指定倉庫に持ち込むだけで簡単に出展が可能です。面倒な貿易事務、通関、輸入許可、ブースの内装、備品準備、現地通訳、スタッフ、プロモーションや、WEBプロモーション、後追いの営業代行すべて請け負います。

 

今年は展示会出展に加えて、近年注目されているマーケティング手法「OMO(Online Merges with Offline)」を活用し、展示会の場でライブコマースを実施する予定です。オンラインとオフラインを融合させることで、顧客体験と購買意欲の向上を目指しています。

※展示会/合同出展案内特設ページはこちら

https://jinnovation.jp/cosmobeaute2024/

 ■「Cosmobeaute(コスモボーテ)」について

Cosmobeautéはマレーシアで2005年からスタートした東南アジア地域で注目を集める見本市です。
後に市場規模を拡大し、2006にはインドネシア、2008年にはベトナムでも開催しました。

エステ・ヘア・ネイルサロン、スパ業界に身を置くプロフェッショナルに向けた情報発信では高く評価されています。

 ■Cosmobeaute Malaysia 2024の概要

 公式HP:https://www.cosmobeauteasia.com/malaysia/

 開催場所:Kuala Lumpur Convention Centre (KLCC) Malaysia

 開催期間 2024年10月2日(水)〜10月5日(土) | 10AM – 6AM

 主催:Informa Markets

【株式会社ジェイノベーション 概要】

●会社名:株式会社ジェイノベーション(JINNOVATION (M) SDN.BHD.)
●代表者:宮城建司
●設立年月日:<日本法人>2017 年 5 月、<マレーシア法人>2017 年 11 月
●本社所在地:<日本>大阪府大阪市平野区加美東 2 丁目 7 番 39 号、<マレーシア>NO. 15 JALAN 4/4C, DESA MELAWATI 53100 KUALA LUMPUR W.P KUALA LUMPUR MALAYSIA
●事業内容:海外イベント事業、雑貨・食品・化粧品・アパレル販売、物流貿易代行、海外・ 越境 EC 事業、海外事業進出・展開コンサルティング、海外メディアコンテンツ事業
●URL: https://jinnovation.jp

【2024最新版】Shopeeセラー必見:売上アップの秘訣を大公開!東南アジア越境EC!

【2024最新版】Shopeeセラー必見:売上アップの秘訣を大公開!東南アジア越境EC!

Others

お役立ち情報

OTHERS

【2024最新版】Shopeeセラー必見:売上アップの秘訣を大公開!東南アジア越境EC!

Shopee(ショッピー)とは?

近年、東南アジア市場は躍進し、その中でECプラットフォームが急速に普及しています。特に、Shopeeは東南アジアを中心に飛躍的な成長を遂げ、多くの企業が海外展開の成功事例として注目しています。今回は、Shopeeの概要について解説し、日本企業がこのプラットフォームを活用する方法について考察します。

Shopeeは、シンガポール発のECプラットフォームで、2015年にサービスを開始しました。その後、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、台湾など、東南アジアの主要国に展開し、現在では6億以上のユーザーが利用しており人気のECモールです。

Shopeeは、C2C(消費者間取引)とB2C(企業から消費者への取引)の両方に対応しています。これにより、個人や小規模なショップから大手企業まで、幅広い出店者がモール内店舗で商品を販売できます。独自のポイントシステム「Shopeeコイン」を導入しており、購入者はポイントを貯めて次回の購入時に利用できます。リピート購入を促進し、プラットフォーム内での消費活動を活発化させています。また、多言語対応が充実しており、各国の公用語に加えて、英語や中国語などのサポートも対応しています。

日本企業にとってもShopeeは魅力的です。東南アジア市場の成長と日本製品への需要増加を考えると、Shopeeを活用することで新たなビジネスチャンスの獲得が可能です。

Shopeeで成功を収めるためには、適切な戦略とマーケティングが不可欠です。以下では、Shopee運営における重要なポイントを紹介します。

Shopee 売上アップの秘訣

Shopeeでショップや商品を際立たせ、特に競争の厳しいニッチで売上を伸ばすのは本当に難しいです。Shopeeの売上を向上させるためには、トラフィックとコンバージョンに注力が必要です。言い換えれば、Shopeeストアにショッパーを引き寄せるだけでなく、訪れた人々を売上に変えることが不可欠です。当社は5年以上Shopeeショップを運営する経験を持っており、以下では、おすすめのヒントに焦点を当て、これらがShopeeストアでの露出と注文の増加に実証されていることをご紹介します。

①Shopee Adsを活用してさらなるトラフィックを増やそう

Shopee Adsを使用すると、出品者はShopeeプラットフォームのハイ・トラフィック・エリア(ホームページ、検索結果ページ、製品詳細ページなど)で製品を効果的に広告できます。Shopee Adsは、適切な時期に顧客にShopeeストアと製品をアピールするのに役立ちます。

現在、Shopee Adsは以下の5つのタイプに分類されます:

  • Product Search Ads:検索結果ページのトップに製品を表示します。入札によって広告が表示されるキーワードを自ら選択できます。
  • Shop Search Ads: 検索結果ページのトップに、ショップバウチャーとショッパーの検索キーワードに最も関連性のある製品とともにショップを表示します。
  • Discovery Ads: 製品を主要なおすすめセクションに配置します。ホームページのDaily DiscoverやShopee Farmゲーム、関連する製品詳細ページ、ショッピングカートページ、注文後ページのYou May Also Likeなどが含まれます。
  • Boost Ads: 複数のハイトラフィックエリアで製品を同時に表示し、Shopeeが広告を最適化して売上を最大化します。
  • Display Ads: ホームページのトップで目を引くバナーとともにショップを紹介します。

以上の広告タイプの中から、ニーズに最も適したものを検討しましょう。また、より多くの潜在的な顧客を引き付けるために、複数の広告を組み合わせて試すこともできます。

②Shopeeキャンペーンに参加して、より多くのショッパーにアプローチしましょう

Shopeeの公式キャンペーン機能を利用すると、出品者はバイヤーによって最も訪れられるウェブサイトの一部に特定の製品を表示することができます。Paydayセール、誕生日セール、11.11セール、12.12セール、またはショッキングセールなど、さまざまなShopeeキャンペーンに参加して、ショップのトラフィックを増やし、売上を向上させることができます。 

Shopeeキャンペーンに参加する方法は以下の通りです:

  1. Shopee Seller Centreにログインします。
  2. マーケティングセンターに移動します。
  3. 「Shopeeイベント」セクションを選択します。
  4. あなたの製品をノミネートします。
  5. Shopeeによって承認されると、Shopeeはノミネートされた製品をShopeeのホームページに表示します。
Shopeeキャンペーンを参加するページ

③Shopeeのプロモーションツールを活用して売上を増やそう

Shopeeでは、現在9つのプロモーションツールが用意されており、これらを活用して顧客のアクションや購買行動を促進したりカゴの中身を増やしたりすることができます。

Shopeeプロモーションツール
  • Voucher (バウチャー):ショップ全体または特定の製品においてお得な情報を提供し、ショッパーが購買額を増やすきっかけとなる最低購入バウチャーを作成できます。
  • Discount Promotions (プロモーション割引):誰もが節約できるプロモーションを好むでしょう。製品に魅力的な割引価格を提供することで、競合他社から顧客を引きつけ、売上を増加させることができます。
  • Bundle Deal (バンドルセール):まとめ買い促進機能です。Bundle Dealsになっている組み合わせを購入した際、割引が適用されます。
  • Add-on Deal (アドオンディール):メインの商品に加えて特定の商品の購入を促す機能です。たとえば、Tシャツを販売している場合、お客様には別の商品、例えばズボンなどをお得な価格で購入できるようにし、追加の購入を奨励します。
  • Shocking Sales (限定タイムセール):ショップの商品に期間限定で特別価格を設定することができます。Shopeeのサイト内で最も閲覧数の高いセクションです。
  • Shipping Fee Promotion (送料プロモーション):セラー様が購入者の送料を支払うことで、購入者が送料無料を楽しめるように設定できる機能です。
  • Seller Coins (セラーコイン):Shopeeの仮想通貨です。shopeeライブなどを通じて購入者にSeller Coinsを提供することができます。この機能を使うことによって、購入者のエンゲージメントやコンバージョン率の向上などのメリットがあります。
  • Affiliate Marketing Solution (アフィリエイト機能) :マーケティング媒体(メディア・KOLのSNS・オンライン広告など)に商品を取り上げてもらい、発生したオーダーに対して成功報酬を払うサービスです。
  • Sample Counter Promotion (サンプル・カウンター・プロモーション):この機能では、サンプル商品を割引価格で購入したユーザーに、該当商品のバウチャーを提供。手軽に商品を試せ、購入後は通常商品を限定割引で購入可能。セラーはマーケティングセンターの機能を使って簡単に設定できます。

④ライブストリームでショッパーと交流しましょう

Shopee Liveは、出品者がリアルタイムで現地バイヤーと対話する最も直接かつ効果的な方法です。商品を紹介し、視聴者との対話を行い、ライブセッション中にバウチャーや割引を提供することで、ショップのフォロワーと売上を増やすことができます。

自社Shopeeショップでライブを行う様子

⑤素晴らしいコンテンツを活用してコンバージョンを向上させる

Shopeeプラットフォームでの売上において、最も重要なのは商品です。商品をショッパーにどう見せるかは、直接的にコンバージョン率に影響します。以下の観点で商品リストを最適化できます:

・製品にSEO対応のタイトルを付けること

Shopeeの検索は、ユーザーの検索フレーズ内のキーワードと、それらのキーワードにランク付けされた商品をマッチングさせる仕組みです。Shopeeがより多くの訪問者をあなたの商品につなげるのを助けるために、お客様が使用する可能性のあるキーワードを特定し、最適なキーワードを製品タイトルに追加してください。ただし、キーワードのスパムは避けてください。

・製品を正確にカテゴリ分類すること

製品に適切なカテゴリを選択することで、ショッピング中にそのカテゴリで検索する際に、ショッパーがあなたの製品を見つけやすくなります。

・魅力的な高解像度の画像をアップロードすること

同じ商品の多くのリスティングがあるため、視覚的に魅力的な商品画像は、自社商品のリスティングを際立たせ、ショッパーがクリックして製品の詳細を見ることを促進します。商品にロゴを追加すると、ショップと商品の認知度が向上します。

・比較的競争力のある価格を提供すること

Shopeeで同じ商品を取り扱う他の出品者がどのような価格を設定しているかを検索してください。商品に適切な価格を設定して、より多くのバイヤーを引き寄せることができます。

・情報豊富な製品説明を作成すること

画像やサイズチャートを含んだ詳細な説明は、バイヤーが製品をより良く理解するのに役立ちます。製品情報が充実しているリスティングは、返品や払い戻しの可能性が低いことが証明されています。

・販促用のバナーを作成すること

年間行事やイベント、例えばお正月やクリスマスなどに特別なバナーを設け、購買意欲を刺激し、バイヤーを引き寄せる重要な手段です。特別な日に合わせた魅力的なデザインや限定オファーを組み込むことで、ショップの注目度を高め、セールスを促進することが期待できます。

⑥優れたカスタマーサービスを提供し顧客満足度を向上させる

越境ECの環境では、お客様への適切な対応にはその国の文化や言語の理解が不可欠です。当社は多言語を話す外国人スタッフが在籍し、異なる文化に対応した適切なサービス提供が可能です。これにより、顧客からの好評を得ています。

まとめ

Shopeeストアにトラフィックを誘導し、実際の売上に結びつけるのはなかなか難しいプロセスです。そこで、当社が実践し、実証されたShopeeの売上向上方法をまとめました。この記事がお役立ちであれば幸いです。また、記事に関する質問や疑問がございましたら、お気軽にご連絡ください。

Shoppeの売上アップなら!実績豊富なジェイノベーションの無料相談!

当社は、日本から東南アジアへの商品展開をトータル的に支援している会社です。

長年Shopeeの運営も自社で行っており、豊富な経験をもとに海外展開をお考えの会社様向けに、無料相談も受け付けております。

海外展開をお考えの企業様は、

20分~30分程度でお悩みをお聞きし有益な情報提供をさせていただく、

無料相談をご利用ください!

参考:

https://help.bigseller.com/en_US/detailPage/5/1/2063/blog 

https://www.bigseller.com/blog/articleDetails/837/Boost-your-Shopee-sales-with-7-proven-tips.htm

【2024年】越境ECプラットフォームはどこがねらい目?アジア圏を中心におすすめを比較

【2024年】越境ECプラットフォームはどこがねらい目?アジア圏を中心におすすめを比較

Others

お役立ち情報

OTHERS

【2024年】越境ECプラットフォームはどこがねらい目?アジア圏を中心におすすめを比較

少子高齢化が進む現代社会にとって、ECサイトを使った商売は欠かせない存在です。

国内でも多くのサイトがありますが、ここ数年では越境ECビジネスが注目されてきました。

プラットフォームは数多くありますが、適切な物を選ばないと思うような成果を得られません。

本記事では、これから越境ECプラットフォームを利用するならどこがねらい目なのかを解説しています。

アジア圏中心に、いくつかの越境ECプラットフォームを紹介しているため、ぜひ参照ください。

越境ECプラットフォームとは?

越境ECプラットフォームとは、海外のユーザー向けに展開するためのシステムです。

ECサイトを運営する土台となり、国内に拠点を構えたままインターネット上で商売ができるため、コストをかけず販路拡大ができます。

自社商品の特徴やターゲット層に併せて、対象となる国を選別して世界的にWEB利用できるのが特徴です。

越境ECプラットフォームには、自社型と複数のショップが出店するモール型があります。

自社で越境ECプラットフォームを開業するには、複雑なシステムを理解できるスキルや人材、資金が必要です。

多くの企業は、モール型の越境ECプラットフォームを利用しています。

自社商品を求めているユーザーはどの国なのか、これから商品の需要が高くなる地域をリサーチし利用しましょう。

越境ECプラットフォームを利用するメリット・デメリットを簡単に紹介

自社の商品にマッチした越境ECプラットフォームを使えば、資金を使って海外に出店せずに集客ができます。

自社の特色を生かしたECモールであれば、サイトの構成からブランディングまでを自社が取りまとめられます。

しかし、広告宣伝や集客は自分たちで行わなければなりません。

市場全体におけるEC化率は増加傾向にあり、店頭販売以上にECプラットフォームの利用者が急増しています。

SNSを使って、消費者と直接つながるようになったことで、より自由な取引ができるようになったからです。

海外からのユーザーを取り込める越境ECプラットフォームは、従来のECモールなどでは得られないメリットがあります。

ここでは、そのメリットについて詳しく解説します。

参照:「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」経済産業省

メリット

越境ECプラットフォームを利用するメリットは以下の2つです。

 

  • グローバル市場へ参入できる
  • 販売拡大で利益が上がる

 

ECプラットフォームは、BtoB ECやCtoCアプリだけでなく、デジタルコンテンツでのオンライン販売にネットオークションによる取引と市場が拡大しています。

国内だけでなく海外に目を向けることで、新たなビジネスの可能性を展開しやすいのが強みです。

最近ではアジアを中心として、ECが盛んな流れに乗って海外に向けたビジネス展開に注目が集まっています。

越境ECプラットフォームを利用すれば、コストを抑えられるだけでなく、素早い出店が可能です。

市場が成熟していないエリアで需要のある商品を展開すれば、競合が少なく、販売拡大によって大きな利益を得られます。

デメリット

越境ECプラットフォームにはメリットがありますが、デメリットを理解して利用を検討しなければなりません。

デメリットは以下の3つです。

 

  • 手数料がかかる
  • 言語・文化を理解して商売する必要がある
  • 慣れないと手続きで詰まる

 

越境ECプラットフォームに出店するには、手数料が発生します。

現地言語であればコミュニケーションがスムーズなため、商品説明やコンテンツは現地言語に翻訳しなければなりません。

また、各国には法的及び税務上の規制である輸入制限や品質基準、消費税や関税などがあります。

各国の特徴を理解して、対応する必要があります。

市場の需要や競合状況を調査してから越境ECプラットフォームを選び、法や税金を理解しローカライズと言語対応を行うなど準備が大変です。

手続きだけでなく、それぞれにルールがありややこしいため、始め方がわかりにくいデメリットがあります。

南アジア最大級のECモール2選

中国に続き、東南アジアへの越境ECプラットフォームは拡大の兆しが感じられます。

スマホの普及によってECモールの利用者は急増し、今後はより成長すると予想されています。

日本製品は認知度も人気も高いため、海外進出を狙うなら、台湾・マレーシア・シンガポールを含む東南アジアがおすすめです。

ここでは東南アジア最大級のECモール2つをピックアップして紹介します。

Shopee

東南アジアをターゲットにした大手で、購入者と出品者がコミュニケーションを取りながら買い物ができる独特なシステムです。

シンガポールのECですが、中国国内のみをターゲットにはせず、東南アジアや台湾ユーザーに販売を拡大してます。

なお、Shopeeは販売やリスティングに手数料がかからないのもポイントです。

越境ECプラットフォーム初心者にはハードルが低く、SNSを活用したマーケティングもおこなわれてます。

東南アジアを中心とした7か国で展開するShopeeの利用者は、約6億人とも言われているほどです。

日本国内の企業が利用する場合、シンガポール・台湾・タイ・マレーシア・フィリピンの

5か国に対してのみ対応しています。

Lazada

アリババが運営するLazadaは、東南アジア主要6か国を市場とするECモールです。

Lazadaの特徴として、現地ECと越境ECの2つのサービスを展開していることが挙げられます。

特に越境ECを強化したことにより、各国のビジネスに対応できるようになりました。

6か国での販売すべてを1つの契約でカバーできるため、複雑な手続きの必要がありません。

物流スキームや決済ソリューションもすべて、6か国に対応し利便性を向上させました。

ブランドのオフィシャルショップ「LazMall店舗」で、ユーザーがより安心して買い物ができるシステムを構築しています。

中国の越境ECプラットフォーム2選

越境ECプラットフォームの中でも、注目度が高いのは巨大なEC市場規模を誇る中国です。

BtoCのECサイトでは、日本の企業が登録できる越境部門が用意されているサイトも増えています。

特に中国では日本製品が手軽な価格で購入できるため、登録しているユーザー数が多いです。

ここでは中国で特におすすめしたい、ECプラットフォームを2つ紹介します。

天猫(T-mall)/天猫国際(Tmall Global)

天猫(Tmall)及び天猫国際(Tmall Global)はアリババグループが運用する人気のモール型サイトです。

天猫国際(Tmall Global)は、天猫(Tmall)から派生した越境EC専用モールで、出店スタイルは直輸入販売か出店スタイルから選べます。

ベビー・子供関連用品やコスメを中心に日本製品の人気は高く、多くの企業が利用しています。

タオバオアプリから天猫・天猫国際の商品が同時検索可能であることから、中国の消費者に対してダイレクトにアプローチできるのが特徴です。

京東商城(JD.com)

中国でシェアNo.2を誇る巨大ECサイト京東商城(JD.com)は、直販型のビジネスモデルです。

かつては電化製品をメインに取り扱っていましたが、現在は化粧品のシェアを伸ばし全体的に売り上げを伸ばしています。

2020年からは再び家電に力を入れはじめ、直営の家電販売店と併せて美容家電の拡大を目指すようになりました。

天猫・天猫国際はアリババグループの物流を使いますが、京東商城(JD.com)は京東物流集団の設立によって配送までの時間が短いです。

配送の効率化を高めるため、無人配送サービスの技術開発を進めて活用しています。

台湾の越境ECプラットフォーム4選

台湾への越境ECプラットフォームは、コストが安く手続きが簡単です。

安定した経済と市場を持つ台湾では、日本の販売手法を流用できるため、東南アジア進出への足がかりにしやすくなっています。

インターネットの普及率だけでなく、女性の未婚率が高いことから、自分への投資としてコスメやファッションアイテムを購入する人が多いです。

また、日本製品への信頼度が高いため、どのような商品でも購入する傾向があります。

このようなことからも、東南アジアへの進出に台湾の越境ECプラットフォームは欠かせない存在です。

ここからは台湾で人気の越境ECプラットフォームを厳選してご紹介します。

PChome24h

台湾では老舗で最大手のECサイトです。

多くの家電アイテムを取り扱っており、3つのECサイトを展開しています。

PChome24h購物は台湾在住者のみが利用できるサイトで、PChome全球購物は海外からのショッピングが可能です。

独特な配送システムは、24時間以内に商品が届かなければ100台湾ドル(約450円)分のポイントが補償されます。

モール型のPChome商店街も展開しており、日本企業は代理店や商社を通じて参加が可能です。

メインターゲットはビジネスパーソンで、日本の商品では家電や食品などの人気があります。

台湾では韓国コスメの人気があり、美容系やコスメはやや人気が落ち着いています。

Shopee蝦皮購物

シンガポールを本拠地とするECサイトで、東南アジア諸国で急速拡大しています。

企業だけでなく、個人輸出ビジネスを検討している人にもおすすめです。

翻訳サービスの提供や日本語サポートなど、言語に不安があっても安心してビジネスを

始められます。

初期費用や維持費用は無料となり、副業として始める人もいるほどです。

悪質業者から消費者を守るため、決済しても商品が受け取られないと売り上げが計上されないシステムが導入されています。

街には購入商品が受け取れるスポットを設置し、再配達の手間を減少しました。

受取スポットは送料無料サービスも展開していて、ユーザーファーストなビジネスを展開しています。

momo購物網

台湾の富邦グループが運営するmomo購物網は、コスメやファッションを中心としたECサイトです。

消費頻度を高めるため、独特なサービスを展開し台湾最大手のECサイトに成長しました。

女性向けの商品を得意としており、定期的に割引券の配布や期間限定セールなどの会員向けサービスがあります。

商品ジャンルが豊富なだけでなく、他のECサイトよりも価格が安いことや通常で翌日配送

可能など、日常的に使いやすい工夫がされています。

また、定期的に配布される割引券や、期間限定のセールなど、お得にお買物ができる施策も行われているのが特徴です。

Yahoo!奇摩

Yahoo!の台湾版で、BtoC・BtoBtoC・CtoCの業態で事業を展開しています。

メインはBtoBtoCの卸売・委託販売事業で、主に家電と化粧品やファッション関係を扱います。

女性ユーザーが多く、日本国内やSNSで話題になった食品・食品玩具などの注目度が高いです。

美容家電や国内コスメも人気で、無印良品は人気のブランドの1つとして認知されています。

24時間以内の配送を実施しており、台北市内は注文から8時間以内に配達可能です。

取引は現地法人及び代行会社経由となっているため、手数料を考えると現地法人を利用した方が良いでしょう。

自社に適した越境ECプラットフォームの選び方

越境ECプラットフォームにはそれぞれの特徴があり、手数料や使いやすさ、自社商品との相性などを考えて選定しなければなりません。

ここからは、東南アジア向け越境ECプラットフォームの選び方について解説します。

商品と購入者との相性

越境ECプラットフォームは、販売したい商品と購入者のマッチングが大切です。

ターゲットとマッチングしているだけでなく、年代や性別なども精査して選びましょう。

サイトによって、男女比や年齢層に違いがあるだけでなく、売り上げが伸びている品目が異なります。

ターゲットにしっかりとアプローチができるプラットフォームを選ぶことが重要です。

サービス・サポートの充実性

越境ECプラットフォームの多くは海外企業が運用していて、手続きが複雑でわかりにくい一面があります。

そのため、サービスやサポートの充実性を確認し、自社商品の魅力を伝えられるプラットフォームを選びましょう。

日本語のわかるスタッフが在籍しているか、言語サポートが受けられるかなどを確認してください。

初めての越境ECで不安が多く、やり方がわかりにくい場合は株式会社ジェイノベーションにお任せください。

自社型ECまたはモール型ECの選択

越境ECを始めるにあたり、自社型ECとモール型のどちらを選ぶかを検討します。

自社の商品をグローバルに拡大したい場合、自社型ECを選んだ方が自由度が高いです。

ただし、戦略や宣伝が適さなかったり、決済サービスや言語サービスなどで設定に苦戦しやすいです。

そのため、自社ECだけで始めるのはおすすめできません。

企業に知名度があっても、競合他社と競って売上を伸ばすのは難しいため、ECモールの利用や併用がよいでしょう。

越境ECプラットフォームをアジア圏で利用するならShopeeとLazada

越境ECを利用したい企業は多いですが、言語や免税・配送の対応が複雑で、活用方法に課題が多いのが現状です。

活用の意向があるならば、株式会社ジェイノベーションに任せましょう。

東南アジアで販路の拡大を狙うなら、包括的なサポートが必要です。

ASEANへ販路拡大するなら実績豊富なジェイノベーションにおまかせ!

株式会社ジェイノベーションでは、越境ECの立ち上げから販路開拓や現地進出までを徹底サポートします。

マレーシアを拠点とし、東南アジアの情報をいち早く収集するためのプラットフォームを提供している実績があるため、お気軽にご相談ください。